【2泊3日】毎年恒例、山梨北杜合宿へ行ってきました。

相模原ボーイズでは、毎年ゴールデンウィークに2泊3日で山梨県北杜市に合宿へ行きます。
今年も5月3日~5日の三日間で行ってきました。

北杜ボーイズさんをはじめ、様々なチームの皆様のご協力のもと、多くの練習試合を経験させていただきました。

豊富な試合経験

毎年のゴールデンウィークで参加させていただく練習試合は、山梨県支部の北杜ボーイズさんが中心となって運営してくださっています。

主に二会場に分かれて、三つ巴、場合によってはそれ以上の数のチームが集まって、多くの練習試合を行います。

この三日間は神奈川県や長野県からも中学硬式野球チームが集まります。今年も様々なチームと練習試合をすることができました。


ボーイズリーグ公式戦は試合時間が2時間と決められていることが多いのですが、この練習試合ではほとんどの試合を1時間30分で区切り、とにかく数多くの練習試合を行います。

合宿の期間は、投手経験のない選手が登板したり、違うポジションを経験したりと、普段はできない経験をたくさんすることができました。

チームとしても、一つ一つの試合にテーマを持って、色々なことを試せた三日間となりました。

合宿の意義

相模原ボーイズでは、毎年恒例のこの合宿をとても大切にしています。

宿泊の部屋は基本的に学年ごとに分かれているので、チーム全体ももちろんのこと学年ごとの横の結束を強める目的もあります。

今年の合宿でも、選手たちの結束はさらに強くなったと思います。


毎年、選手たちはこの三日間だけでも、個人・チームとして大きく成長して神奈川に帰ってきます。

感謝

ゴールデンウィークのこの合宿は様々な方のご協力のもと、行われます。


北杜ボーイズさんをはじめ、他チームの関係者の皆様、三日間ありがとうございました。


また、
相模原ボーイズの保護者の皆様、三日間早朝から夜遅くまで、本当にありがとうございました。
選手たちも、周りの方々の協力のもと、好きな野球ができているということに気付くことができたのではないでしょうか。

選手は好きな野球に打ち込む姿勢で恩返しをできるよう、全力で頑張りましょう!


この三学年での活動は残り数カ月となりますが、皆様、今後とも宜しくお願い致します。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です