チームの成り立ち

相模原ボーイズは、結成1986年と30年以上の歴史を誇る中学生の硬式野球チームです。座間米軍キャンプのジュニアハイスクールとの交流試合開催が発端でした。米軍ジュニアハイスクールチームの活動期間は4~5月と短く、「もっと野球がしたい。もっと試合がしたい。」という選手、父兄の声が高まり、ボーイズリーグに加盟、チーム活動を始める事となったのです。
結成後、全国大会準優勝(日刊スポーツ主催)、全国大会出場、数々の大会での優勝、準優勝等、優秀な実績を積み重ねております。

文武両道

相模原ボーイズは文武両道を目指すチームです。
「野球だけをしていれば良い。」というチームではありません。選手達は中学生として大切な勉強と好きな野球の両立をしております。
そのため、チームでは試験一週間前からの練習参加は原則自由となっています。また、進学の際に重要になる学校成績についても低学年の時期からの意識付けをしていきます。

また、相模原ボーイズは、家庭・学校・グラウンドそれぞれの場での振る舞いを大切にしています。どこか一つだけというのは許されません。どうして、感謝の想いや礼儀が大切なのか。そのことを考えていれば自然とグラウンド外での立ち振る舞いも変わってきます。

OB・OGの活躍

相模原ボーイズのOB・OGには甲子園出場、高校球児、大学野球、社会人野球で活躍している選手も多数います。現在、相模原ボーイズを卒団した女子選手も二名が女子高校野球の舞台で活躍しています。

また、近年ではOBが福島県代表・聖光学院の一員として出場し甲子園でプレーしたのをはじめ、2011年、2012年には2年連続して相模原ボーイズOBが甲子園に出場活躍しております。



ここ数年、相模原ボーイズでは上のステージで活躍するOB・OGがチームに戻り中学生に技術や考え方を還元する機会が増えています。

相模原ボーイズに在籍する選手達は上の舞台で活躍する先輩の姿を間近に見ながら刺激を受け、将来の甲子園出場、高校球児、大学野球、社会人野球、プロ野球を目指し、厳しい練習を頑張っています。