【父母の声】#6 中1母とここまでを振り返ってみた

シリーズ第六弾です。今回はまたまた、Fさん(中学1年生のお母さん)にインタビューしました。

体験会を思い出して

渡邊コーチ

いよいよ体験会シーズンが始まります。
昨年体験会に参加して頂いてから1年が経ち、時の流れを感じますが、相模原ボーイズ以外だと何チーム程体験会などに参加されましたか?

中1母さん

相模原ボーイズと中学の軟式野球部で検討していました。
実は硬式のクラブチームは相模原ボーイズしか見ていないんですよ(笑)

渡邊コーチ

そうだったんですね(笑)
ちなみに相模原ボーイズに決めた理由はどんな所にあったのでしょうか?

中1母さん

1番は雰囲気だったみたいですね。
中学野球のクラブチームってどこか指導者との距離が遠く、上下関係が厳しいイメージがあったみたいです。
そんな中体験会で先輩たちが積極的に声をかけてくれて嬉しかったと話していました。
あと指導者の方々ととても優しかったとも言っていましたよ(笑)

渡邊コーチ

そう言っていただけるとすごく嬉しいです(笑)

指導者との関係性

ここからは指導者について話を伺いました。

渡邊コーチ

チームの指導者は現在6名。計算してみたんですけど、実は平均年齢が29.5才なんですよね(笑)

中1母さん

そうなんですね(笑)

中1母さん

若いコーチさんが多いと年齢も近いので話しやすいみたいです。
また高校野球を最近までしていたということもあって今の時代にあった指導をしてくれることもいいと思います。

渡邊コーチ

野木コーチは去年の夏まで現役高校野球児でしたからね(笑)
また、若いだけでなく、指導者全員が相模原ボーイズOBです。
OBが指導する良さはありますか?

中1母さん

やはり皆さん相模原ボーイズでの活動を選手として経験しているので、チームの運営がスムーズだと感じます。
また指導者ではないOBの方が指導に来られることが多いことも良い点だと思います。

渡邊コーチ

高校野球や大学野球など様々な経験をしたOBの方が来られることは選手の技術の幅が広がるので、非常に有難いです。

相模原ボーイズを選んでよかったこと

渡邊コーチ

最後に相模原ボーイズに入団して成長を感じた瞬間はありますか?

中1母さん

挨拶ですかね~。
小学生の時は流れ挨拶というか、言わされている挨拶だったんです。
それが相模原ボーイズに入団して関係者の方にも目を見てしっかりとした挨拶ができる様になりました。
当たり前のことかもしれませんが、親としては嬉しいことですね。

渡邊コーチ

私自身もそうでしたが、野球の技術だけではなく人間的な成長をすることができるのが相模原ボーイズだと思います!

ありがとうございました!

今回もご協力ありがとうございました。今回はテスト対策期間の少人数練習の際に、お昼休憩のタイミングでインタビューをさせていただきました。

このようにゆっくり子供やチームの話をする機会はあまりないので、とても良い時間になりました。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です